遺産相続を放棄したい人がご相談に来られました。

公開日:

カテゴリー: 相続コンサルタントの吉田隆


妻の父が亡くなり相続の話があり、土地や建物を兄弟3人で相続しても、相続税を払えそうにないので、相続放棄をした方がいいかどうか相談に来られたお客様がいました。

お父様は路線価の高い場所に、広い土地と建物を所有されていましたが、その土地と建物を売るといくら位になり、一人当たり相続税がいくらになるか、おおざっぱでいいから教えて欲しいということでした。

相続税を計算するには、お父様の現金や株や借金を調べないと分かりませんと言いますと、とにかく不動産を売った場合だけの相続税がどれくらいになるのか教えてもらえばいいので、頼みますという非常に無理なお願いでした。

登記簿謄本を取って調べますと、まだ借金がだいぶ残っていることがわかりましたので、土地と建物を実際に売る場合はこのくらいになります、相続税評価額はこのくらいになりますというお話をしましたら、それでは相続放棄をしないで、売却してみんなで分けようとことになりました。

いままで相続のご相談に来られた多くのお客様は、土地や建物はいらないけど、お金は欲しいという方が多いような気がします。

相続のことはなかなか難しいので下記に簡単な相続の流れを載せますのでご覧になって頂きたいと思います。

相続の手続き

相続された後、固定資産税を払い続けられなくなり、途中で相続放棄をしたくなっても非常に難しいことです。