土地を売って借金を返すべきか?

公開日:

カテゴリー: 仙台の相続コンサルタント 吉田隆


相続しましたら、親に借金があることが分かり、相続した不動産を売って借金を返した方がいいか、売らない方がいいか相談に来られた方がいました。

親が住んでいた古い家がありましたので売るためには建物を解体して、確定測量をして土地を売却して、不動産会社に仲介手数料を払った後にいくら手元に残るか計算して欲しいと言うことでした。

土地がいくらで売れるか査定して、解体費用と測量の費用と仲介手数料を計算してみますと借金は返せないことが分かりました。

相続税の支払いは発生しないようでしたので、相続した不動産をすぐに売らないで、借金を返せないか検討することにしました。

不動産を持っていますと固定資産税を払わなければなりませんので、固定資産税を払いながら、古い家をリフォームして貸せないか、何年間何もしないでそのままの状態しておけるか、自宅の住宅ローンを払いながら親の借金を少しずつ返せないかいろいろ検討して見ました。

不動産会社としましては、土地を売って仲介手数料が欲しいところですが、その方にはなるべく売らないで借金を返す方をお勧めしました。