あのnoonさんとお話しできました!

公開日:

更新日:2019/09/13

カテゴリー: 仙台のジャズボーカリスト 吉田隆


仙台のジャズフェスティバルが今年はいいお天気のうちに賑やかに終わりました。

ジャズピアノの先生のステージを3ケ所も追っかけしたり、ジャズのお友達の公演を場所と時間を調べて、はしごして楽しみました。

長時間の予定でしたので、疲れないように昼食と喫茶店2ケ所と夕食の4回の休憩を取りながら、一日楽しみました。

聞いてみたかった公演もいくつもありましたが、時間と場所の都合で行けないステージもありました。

歌手のnoonさんのステージは早めに行って席を確保しようと思いましたが、40分前でも席はなくなっていましたので、

クリーニングしたての白いズボンでしたが、石畳の上に新聞を敷いて腰をおろして始まるのを待ちました。

ジャズフェスティバルに来慣れている人は、小さな折り畳み椅子を持参して、ステージの前で聞いていました。

noonさんのことは名前も顔も知りませんでしたが、2年位前に歌声を聴いた時に、聞いたことのない美しい声で英語の発音も音程もリズムもパーフェストに歌っている人を見て、それからnoonさんの事を知り、

又聞いてみたいと思っていましたら、なんと今年のジャズフェスに来ることを知り楽しみにしていました。

ステージが終わった後、CDの販売をするというのでテントの所に行ってみましたら大勢の人が並んでいました。

私はジャズボーカルを練習しているので、参考になりそうなCDはどれですかとお聞きしましたら、これとこれですと言われ2枚のCDを買うことにしました。

買ったCDにサインをしてくれるというので、私の名前を聞いてきましたが、私の名前は書かなくていいからnoonさんのサインだけでいいですよと言いましたら、

皆様にそうしていますのでと私の名前も書いてくれました。

私の前にも後にも大勢の人が並んでしましたが、なぜか私とお話しする時間が他人より長くてすごくうれしかったです。