作詞作曲は楽しい!けれど難しいです。

公開日:

カテゴリー: 仙台のジャズボーカリスト 吉田隆


ジャズを作曲したいと思い、どういうメロディにしようか、どういうコードを付けたらいいかと長い間悩んでいました。

しかしある時、何の曲を作りたいのかテーマを決めるのが先ではないかと気が付き、それでは作曲より作詞を先にしたほうが良いと思い、作詞に取り組んで数か月がたち、なんとか作詞をすることができました。

テーマは一番好きだった女性に振られてしまった悲しい内容です。

悲しい感じを出しながらメロディを考え、32小節作ってみました。

なんとなくコードの流れがメロディに対して不自然にならないように、コードを付けてみました。

コード表を見ながら何とかピアノをひきながら、メロディを鳴らしてみてそれらしい曲が出来上がりました。

いよいよ作曲家の第一歩を踏み出した感じで満足していました。

ところがメロディに歌詞がうまく当てはまらないところが出てきてしまって、字余りの状態になっています。

英語で作詞をして、歌を外人に聞いてもらっても歌の内容が分かるように作ったつもりでしたが、音符の数と英語の言葉がうまく合わず、これから微調整が必要な状態です。