ウインブルドンに行ってきました

公開日:

カテゴリー: テニスプレーヤーの吉田隆


私は海外旅行に、自分で計画し自分で予約してなるべく安く行けるように、そしてその国の人たちと直接お話が出来たら楽しいだろうと思い、英会話を習いに英会話教室に何年も通い続けていました。

日本では英語を話す機会がほとんどなく、やはり海外に行かないと話す機会がないと思い、新しい車を買いたくても我慢してお金を貯めて、海外旅行に行くようになりました。

海外旅行をしてみると自分に一番気に入った町はロンドンであるように感じ始めました。ロンドンに行く場合は必ずウインブルドンに行ってタオルとかのお土産を買って、家族や友人に自慢したりもしていました。

家族4人でロンドンにだけ8日間安く行ける計画をして、家族全員楽しみにして行き、レンタカーを借りてあちこち家族を案内して回りました。

旅行の最後の日にウインブルドンに連れていくことにしていましたが、レンタカーでウインブルドンのすぐ近くを走っていたのですが、何度も道を間違え、ロータリーでは曲がる場所を間違え、とうとう家族をウインブルドンに連れていくことはできませんでした。本当にすぐそばまで行っていたんです。

日本に帰ってきてから、家族の分ウインブルドンからタオルを取り寄せましたが、誰にも喜んでもらえませんでした。

また行く機会があるだろうと思い、次は必ずウインブルドンに連れて行ってやるからと言ってから、何年もたってしまいましたので、今では誰も当てにしていないようです。

私は一人でも又大好きなロンドンに行きたいと思い、途中でやめていた英会話をまた始めようかと考えているところです。テニスも以前よりは少しづつ上達しているように感じられ、年に関係なくパワーアップできることが理解できるようになり、いろいろやりたいことがたくさんあります。