期待しすぎです!

公開日:

カテゴリー: 仙台のテニスプレーヤー 吉田隆


小学校の運動会でクラス対抗のリレーの選手に選ばれ、バトンタッチの練習を何回も何回も練習して走りました。

いくら足が速くてもバトンタッチが上手く行かなければ勝てないと言われたからです。

でも一着にはなれませんでした。

中学校のサッカー部の新人大会で部員が足りないので、前半戦だけでいいから出て欲しいと頼まれ出ました。

前半戦だけという約束でしたので全力で走って靴の中は豆がつぶれ血だらけでした。

その状況を説明しましたが、調子が良さそうなのでそのまま後半戦に出るように言われました。

その試合は私のせいで負けてしまいました。

中学校の時はバトミントンクラブに入りましたが、3年生の時にキャプテンをやるように言われました。

中体連では惨敗でした。

高校では柔道部に入り、中学校から柔道をやっている人も混ぜてその中から選手に選ばれ、試合に出させてもらいましたが、勝ったり負けたりです。

 

小学校の時に逆上がりが出来ずに皆にバカにされましたが、次の年に1年かけて練習し、できるようになりました。その時はなんでもやればできると少し自信が付きました。

社会人になってからもいろいろなスポーツをしましたが、ある程度まではできるようになりますが、それ以上は無理だと思うことがたくさんありました。

若いころは周りの人に期待され頑張ってみましたが、今考えると期待されすぎたような気がします。