筋肉と血管を若々しく保つ方法1。

公開日:

カテゴリー: 仙台のテニスプレーヤー 吉田隆


敬老の日と秋分の日に自分の体力の限界に挑戦するような厳しいテニスのレッスンを受けました。

何度も何度も同じ練習を繰り返し、だんだん追いつけなくなるようなところにボールを出してきますので、必死になってボールを追いかけます。

20歳も若いと思われる人は、だんだん呼吸困難になってきて、ボールに追いつけなくなりました。

私は何とか厳しいレッスンを終え、10年前にはできなかったことができるようになっている自分を自慢したい気持ちになります。

筋肉は何歳からでも鍛えられるということを、自分で実証したような感じです。

ところが筋肉は鍛えることができても、血管はだんだん固くなってきて、動脈硬化になっていることが、健康診断で分かりました。

筋肉を鍛えて今まで届かなかったボールに追いつくようにはなりましたが、あまり無理をすると血管が切れる恐れがありますよと知人に言われ、血管を柔らかくする方法がないものかといろいろ調べています。

前にクルミを20年間食べ続けた人は、そうでない人と比べて血管が柔らかいことが分かったという番組を見ましたので、大量にクルミを買い、毎日6ケずつ食べていましたが、最初はおいしく感じても毎日では飽きてしまい中断してしまいました。

健康寿命を延ばすには、筋肉も骨も血管も若々しく保たなければならないと思いますが、血管を若々しく保つには、もう少し情報を集めなくてはなりません。