賃貸管理とは、どんなことをしてくれるのですか?

不動産会社に賃貸管理を頼むと、何をしてもらえるのかはなかなか分かりづらいものがあると思います。

最初に、入居者様からの毎月の家賃を集め、月に一度大家様に振り込む仕事になります。
その為毎月、何月何日に、どこのアパートの何号室の、何々様から、何月分の家賃が振り込まれたかを確認することになります。

もし家賃が遅れた場合、いつまで家賃を振り込んでもらえるか、催促することになります。

もし数か月滞納している入居者様がいるとしますと、滞納している家賃と翌月の家賃をどのようにして支払うつもりがあるのかをお聞きして、計画表を作り、入居者様にお渡しして、予定どおりにお支払いして頂くようにお願いすることになります。

万が一、滞納している家賃をお支払いする気がないような入居者様がいましたら、退去して頂くように、お話を進めていかなければならなくなります。

次に入居者様からのクレームやご要望を聞くことになります。
不動産会社で判断して対応できるものはすぐ対応できますので良いのですが、大家様にご相談しなければならない内容のこともあります。

一番問題になるのは大家様に費用を負担して頂けるか、頂けないのかです。
大家様には、なるべく入居者様のご要望を聞いて頂いて、入居者様に長く入居して頂いた方が徳だと弊社の方で判断しますと、大家様に費用の負担をお願いします。

今までの経験上、入居者様からのほんの少しの費用でできるご要望に対して、大家様が費用を負担されない場合、入居者様はその内急に転居されてしまい、大家様負担分のリフォーム費用が大きくなってしまった例があります。

入居者様の退去後は、リフォーム工事を管理会社の弊社で見積もりをするようになります。
そして、入居者様負担分と大家様負担分の費用を分かるようにして、それぞれ納得して頂いてから、リフォーム工事に入ります。

そして敷金の清算になります。
大家様がお預かりしています敷金から、入居者様負担分のハウスクリーニング費用や修理費用を引いて、残りの金額を入居者様に返して頂くようになります。

次に契約期間が2年間の場合、契約更新が自動延長になっている場合は問題ありませんが、更新をする必要がある契約の場合は、契約書の見直しや、連帯保証人や緊急連絡先の変更がないか確認するようになります。

また借家人賠償保険に当たる入居者様の火災保険と、賃貸借契約時に賃貸保証会社を利用することになっている場合は、その継続更新の確認をするようになります。

次に建物周りの清掃作業があります。年に何回か又は定期的にするかによって、費用は違いますが、弊社では年2回建物周りの除草と清掃をして、その費用分だけ別に大家様に請求させて頂いています。
大きいマンションの場合は、毎月1回共用部分の清掃をする場合もありますが、清掃費用も結構かかるようになります。

本当は大家様が何号室には誰が入っていて、毎月の家賃がきちんと納めているかを把握してご自分で管理するのが理想的だとは思いますが、お勤めされている大家様も多く、また離れたところにアパートがある大家様は、不動産会社に賃貸管理をたのまれることが多くなります。

大家様が賃貸管理で特に不動産会社に期待されているのは、入居様からの苦情や、退去時の敷金の清算で入居者様ともめることを直接大家様がやらないで、不動産会社にやって欲しいということです。

また建物の状態は大家様も見れば、そろそろどの部分を修理しなければならないなということはお気づきになるはずですが、やはり不動産会社の方が早く気づき、修理のご提案と費用をお知らせすることが出来ます。

入居者様の退去時には毎回リフォームが必要となりますが、その他にいわゆる大規模修繕費がかかりますので、修理の計画を建てて建物を長持ちさせて、せっかく所有されているアパートですので、入居者様に長く住んで頂いて、家賃収入を長く継続して頂きたいと思います。

仙台市宮城野区の賃貸管理のお問合せは下記からお願い致します。