創業50年。知事免許(13)のスタートです



今日、宅地建物取引業の更新の許可証を県知事から受け取って参りました。宮城県知事(13)になりました。これから5年間の始まりです。

仙台市では宅地用地が特に宮城野区では極端に少なく、宮城野区に家を建てたいとお考えの人が大勢いますので、売主様を発掘して土地を供給していきたいと考えています。

一方で土地を売りたいとお考えの方が、相続の手続きがうまくいかず、売れない土地も多くあります。法定相続人同士の主張が強くて争いになってしまいますと、不動産会社は立ち入れなくなります。

法定相続人同士仲が良く、話し合いがスムーズに進む場合はご相談に乗れますが、争いになりますと弁護士さんの出番になります。

また昔家を建てられたが、なぜ今は家を建てられないのかと憤慨している方も大勢いますが、建築基準法が変わり、巾4mの道路に2m以上接していませんと家を建てられなくなりました。

そのような土地をお持ちの方は、隣の敷地の方と仲良くしておいて、隣の土地を買ったり、買ってもらったりできるようなお付き合いをしておきませんと売りたくても売れない土地になってしまします。

過去の土地の売買の時に、巾4mの道路に2m接していない土地の所有者に、2m以上に接するように少しだけ土地をお買いになりませんかとお話ししまして、買って頂きましたので、お買いになった地主様からは大変感謝されたことがあります。土地の価値が大きく上がったのです。

これからは人口がだんだん減っていき、後期高齢者が所有している不動産の相続の問題がどんどん増えていきますので、できるかぎり皆様のお役に立てるように頑張りたいと考えております。