熱中症の人をすぐ助けてください。



以前東北の建設現場でラジオ体操をしている時に、急に具合が悪くなり動けなくなった人がいました。

気温は30℃より低かったと思います。

熱中症だと疑われたので、すぐに休憩室に運び、上着とズボンを脱がせ、水を飲ませました。

ポカリスエットは体の成分と似ていて吸収が早いと聞いていましたので、近くにいる人にポカリスエット2本と冷えた缶コーヒーを10本、近くの自動販売機で買って来てもらいました。

冷えた缶コーヒーを頭と首と脇の下とお腹の上にのせて冷やしました。

本人とお話をしましたら昨日はあまりよく眠れなかったと言っていました。特に病気は持っていないということでした。

上着とズボンを調べましたら塗料が表面全体についていて、風通しが悪い状態だということが分かりました。

本人に病院に連れて行きますかと聞いたら、大丈夫だと言いますので、私も間もなく収まりそうだと思いましたので、そのまま安静にしてもらいました。

約30分位で回復したと思います。

体に熱がこもりやすい状態で動いて、寝不足とかで体調が悪いと熱中症にかかりやすいと思われます。

東北よりはるかに暑い沖縄では熱中症で病院に運ばれたニュースは聞いたことがありません。

涼しい格好をしているからだと思います。

 

この暑い中で大雨で被災された方やボランティア活動をされている方たちは、長袖長ズボンで復旧活動をされていますし、

寝不足とかで体調がよくないと思われますので、熱中症にかかりやすい状態だと思われます。

なるべく休憩の時には上着を脱いだり、日陰に入ったり、体に熱がこもらないようにして、

のどが渇く前に水分をこまめにとって頂いて熱中症対策をして頂きたいと思います。