よいご縁は筑波山神社から。



以前勤めていた会社の社内旅行で出雲大社に行ったことがありました。
その時は、神様がどこかにお出かけになっている月で不在ですという説明でしたが、お土産に縁結びのお守りを何個かかってきて、友人にお守りをあげましたら、たいそう喜ばれた思い出がありました。
何年か前に、今度は出雲大社は遠いので、近くに縁結びの神社がないかと探して筑波山神社にお参りして、縁結びのお守りを買ってから、筑波山に登りました。
重いリュックを背負って何時間もかかって頂上に着きましたら、ゴンドラに乗ってきた多くの人たちが山頂にいました。
その後気のせいか老若男女問わずいろいろな人と、いいご縁ができ、楽しく生活ができるようになりました。
残りの人生はいいご縁を大切にして、幸せに過ごしたいと願っています。
そして私とご縁のある方には特に幸せな生活を送って欲しいと願っています。
話は変わりますが、テニススクールには何年間も通っていましたが、ある日あるコーチの言葉で、この練習は何のためにやっているのかが急に理解できるようになりました。
そこで毎回のレッスンが今まで以上に楽しくなり、もっと練習したいと考えるようになり、食べ過ぎないように注意して、ますます体を鍛え、いいプレーをしたいと考えるようになりました。
いままでいろいろな人から同じような指導を何度も聞いて練習してきましたが、今回は私の頭にスーと入ってくる分かりやすく納得できる言葉で指導してくれるコーチに出会ったという感じです。これがご縁があるということかなと思っています。
このようなご縁がこれからもいろいろな人とあればよいと思いながら頑張っていきます。