天涯孤独の人が増えています



当社丸善不動産に部屋を探しに来る方で天涯孤独の人が多くなってきました。

部屋を借りる時に、一番厳しいのが、連帯保証人がいないと入居させない大家さんで、尚かつ賃貸保証会社の審査を受けて賃貸保証会社を利用しないと入居できない大家さんで、尚且つ大家さんの面談で大家さんに気に入って頂けないと入居できない部屋です。

連帯保証人は、親でも兄弟でも親戚でも友人でも上司でも支払い能力のある方であればいいのです。例えば5万円の家賃を6ケ月分滞納して連帯保証人に30万円の請求が来た場合、支払う能力があればいいわけです。

ところが緊急連絡先は親戚の人がふさわしいのです。友人でも知人でもなれそうな感じがしますが、6年前の地震と津波で多くの方々が亡くなられましたが、その時に亡くなった方を引き取って下さるのは身内の方です。

友人や知人の方々は亡くなられた場合引き取りに来ないのです。具合が悪くなり動けなくなって会社に行けないとか、軽いけがをした時には緊急連絡先としましては、知人や友人でもいいと思いますが、高齢者が入居する時の緊急連絡先は身内の人で入居者と同じくらいの年齢か入居者より若い人がふさわしいのです。

だいぶ前に入居された方の緊急連絡先が父親でしたが亡くなっていました。亡くなったことを報告して頂いて、次の緊急連絡先を教えて頂かないと、入居者が亡くなった時に大変困ります。

ところが入居希望者に緊急連絡先がいない場合が多くなってきました。両親や兄弟が亡くなっている場合です。

別れた配偶者は緊急連絡先にはなってもらえません。親子の縁を切った子供にも緊急連絡先になってもらえません。亡くなった場合は法定相続人にはなりますが、縁を切った人に頼めないし、頼んでも断られると言います。

緊急連絡先がいないと賃貸保証会社の審査が通りません。賃貸保証会社によっては緊急連絡先に親戚がいない場合、友人や知人でも審査を通してくれる会社もありますが、保証料が大幅に高くなります。

高齢者はまだいい方ですが後期高齢者になりますと、本当に天涯孤独になる人も出てきます。それでも部屋を探さなければならない事態が出てきております。

当社ではそういう方々も入居できるようにいろいろご相談させて頂きながら、契約できるように努力しております。

当社丸善不動産の売買と賃貸の物件情報はこちら。
https://www.maruzenf.co.jp/mp/

お問合せはこちらからお願い致します。

https://fc.canonet.ne.jp/maruzenf.co.jp/cf_cgi20/toiawase.htm