明けましておめでとうございます。



今年は犬年なのでいいことがありそうです。

昨年努力したことが、今年実を結ぶでしょう。という方がいました。

私が小さいころ父が犬を何種類も飼ったことがありました。一番自慢していたのが秋田犬でした。

仙台の秋田犬の品評会で何回も賞を取ったと父が言っています。大館市のその犬の親は500万円の値が付いたそうです。今から60年以上も前のことです。

飼っていた秋田犬は頭がよく、飼い主に自分が何をしたいか、意思表示をはっきり伝えることが出来ました。

シェパードも頭が良かったと思います。

スピッツはいつも鳴いてうるさい犬と、頭がいいおとなしい犬がいました。

秋田犬やシェパードは散歩に連れ出すと、犬の引っ張る力が強く、父も私も何度も転んだ記憶があります。

妻も結婚する前にブルドックを飼っていたというので、夫婦ともに犬好きです。

私は定年退職後は、ゴールデンレトリバーかラブラドールレトリバーを飼って、犬と一緒に生活するつもりでしたが、

  

退職後の不動産の仕事が忙しく、犬の世話する時間がなさそうなので今のところ飼っていません。

お客さんの中には、犬を飼いたいという方がたくさんいらっしゃいますが、大家様が犬嫌いな方や、動物嫌いな方が多く、貸して頂ける部屋が大変不足しています。

お客様の中に、ほえない犬を飼っていた方が一人いましたが、小さいころにしつけをうまくすると、ほえない犬を育てることができるそうです。

犬が吠えないのであれば、隣の部屋の人にも迷惑をかけないで生活できるはずですが、そのしつけをするのにもお金がかかるそうです。

部屋で犬を飼っている人は、犬と一緒に寝ている人もいました。

犬の寿命は短いので、犬の介護をしなければならない場合が多くあります。

でも今まで飼っていた犬が死んでしまうと、すぐ別の犬を飼って生活している人も多いです。

日本でももっと犬を飼って生活できるように、貸家や貸室の設備をよくしていきたいと思います。

人間と犬は昔から仲のいい関係でした。