アパートの改修工事の秘訣



建物が古くなるとなかなか入居者が決まらなくなります。それではアパートの外装をきれいにしましょうとか、新築アパートと同じような最新設備にしましょうかと、リフォーム会社や不動産会社が提案すると思います。

1部屋だけのリフォームでしたら費用も何とかなるでしょうが、3部屋以上空いている場合にはリフォーム費用が大変になります。

改修工事の費用は家賃の2年分で回収できるように抑えると、うまくいきます。部屋の汚れや設備の老朽化が相当ひどい場合でも家賃の3年分で回収するようにした方がいいと思います。

アパートの賃貸の場合、3年で転居する可能性が高いのです。戸建ての場合は、長く住まわれる人が多いのですが、若い人は就職したり、転勤になったり、転職したり、結婚したりであまり長くは住まないからです。

大家さんが改修工事にいくら費用をかけたので、何年間で回収するため、こういう家賃にしたいと言われますが、大家さんが家賃を決めるのでもなく、不動産会社が家賃を決めれるわけでもなく、その地域やその物件の立地の相場で家賃は決まると思います。

一番いいのは入居希望者の希望をお聞きして、それから改修工事をしますと、改修工事の費用を抑えられる場合も結構あります。でも改修工事前に入居希望者をご案内して、改修工事の内容をご説明しても、汚い状態の部屋をご覧になった入居希望者は、なかなかお申し込みになりません。

家賃を安くして、入居者が自分で改修工事をする方法もありますが、クロスや塗装位ならできますが、設備工事や電気工事が絡んできますと、なかなかできる人は限られてきます。

大家さんのお立場も理解できますし、入居者のお立場盛も理解できますので、お互いの利益を考えて、その物件ごとに改修工事をご提案させて頂きたいと考えております。

下記から、お問合せして頂きたいと思います。

https://fc.canonet.ne.jp/maruzenf.co.jp/cf_cgi20/toiawase.htm