アメリカは日本を本当に守ってくれるのか?



戦後日本には米軍基地がいくつかあり、日米安全保障条約で日本に侵略してきた国に対しては、世界最強のアメリカが日本を守る事になっているようですが、本当に守ってもらえるでしょうか。

私は米軍基地の仕事をした事がありますが、アメリカ太平洋軍司令官が今度基地に来るから、片付けや清掃をしっかりして、また書類の整備もしっかりして、アメリカ太平洋軍司令官からいろいろ指摘されないようにと、現地の司令官から厳しい指導をされたことがありました。   

日本が他国から侵略されそうになった時に、アメリカが本当に日本を守ってくれるのか、その辺の所をしっかり確認出来ればいいのですが、難しいかもしれません。

それでは、アメリカが日本を守ってくれないかもしれないのでしたら、日本が軍隊を持つべきだと言う人もいます。

アメリカの国益に対して直接の被害がない限り、なんだか、日本と他国の二国間で冷静に協議して解決するようにと、アメリカに言われて終わりそうな気がしています。

例えば北朝鮮が日本にミサイルを撃ち込んできた場合や、中国が尖閣諸島を占領したり、韓国が竹島や対馬を占領したり、ソ連が北方領土近辺をもっと占領してきた場合です。

米軍基地の人達は、とにかくアメリカの国益の事は一所懸命考えている事は伝わってきますが、本当に日本を守る気持ちがあるのかどうか米軍基地でお仕事をしている人々からは聞けませんでした。

ただ上司からの指示に従うだけですという答えでした。 

米軍基地にいる人たちが日本を守るためにはどうしたらよいか、どうするべきがということを考えているならば、アメリカに日本を守ってもらえそうな気がしますが、ただただアメリカ本土からの指示待ちでは、期待するのが難しい感じがします。

続く