なぜ戦争は起きるのでしょう?



私は幼いころから、友達や兄弟やクラスメートが何なくできる、鉄棒のさかあがりや低い跳び箱を飛ぶ事ができなくて、親や兄弟やクラスメートや担任の先生からもバカにされてきたような気がします。

学校の成績がいくら良くても、運動が得意でないと軽蔑されることが多いような気がします。人は差別されると、仕返しをしたくなるものです。

また私は海外旅行に何度か行きましたが、その国々で体験した楽しい思い出や不愉快な思い出が、その国に対する感情となる事を体験しました。

ある国では日本人は金持ちだからと丁寧な扱いを受け気持ちよく過ごすことが出来たり、日本の製品は品質がいいので安心して使えますと言って頂くとその国が好きになります。

ある国では、いろいろな国の人がいる場所では、どうも西洋人が優遇されている感じを受け、東洋人は下に見られている感じを受け、その国をなんとなく好きになれないこともありました。

また日本人は勤勉で優秀だと言われていますが、海外旅行をしてみると、本当にそう思うようになりました。

これが人種差別になるのだと自分でも分かりました。自分の国は他の国より優れていると考えることが差別につながると考えられるようになりました。

戦後、日本のアメリカ進駐軍の中には黒人もいましたが、暗闇からいきなり黒人が出てくると恐怖を覚えたものだと言っていた人がいました。自然な気持ちでしょうが、これも差別だと思います。

又日常のテレビや新聞で、ある国の人達が、日本の事を悪く言いっているのを何度も聞き続けると、その国に対し何の感情も持っていなかったものが、だんだんその国が嫌いになってくるものです。

又私は学校でキリスト教の勉強をしましたが、仏教でもイスラム教でもどんな宗教でも両親を敬いなさいとか、恵まれない人たちを助けましょうとか、人間愛や平等や平和について教えていると思いますが、他の神をあがめるなという教えがあります。

これが宗教上の対立になり、いつまでも解決しないで、紛争につながっています。

続く