子供達にお金儲けを教えましょう。



今年は年末から年始にかけて才能ある優秀な子供達の話題が目につきました。

小学校4年生くらいまでに、親や周りの人達が熱心に教育すると、プロの大人と同じ能力が身につくことが証明されたと思います。

小さい時はかわいくて遊んであげることはだれでもすると思いますが、子どもの好きなことをどんどん伸ばしてやると10歳くらいで大人と同じことができるようになるのです。

子供は1才になる前に、はいはいをして何か言葉を話そうとしますが、立ち上がり言葉を覚えると脳が爆発的に発達すると思われます。

私の周りのお子様を見ていると、2歳児と3歳児は言葉の数が何十倍にもなっていることに気づかされます。

囲碁の分野や音楽の分野では実例があるので、だれも納得すると思います。

 

しかしお金儲けの事を日本では子供達に教えません。私も大学を卒業するまでは教えられた記憶がございません。

日本では何かお金儲けは後ろめたい感じを持つように教育されてきたように思われます。

しかし大企業の経営者達はお金を儲けなければ会社が発展しないことも、社会の為に奉仕することもできない事をよく知っています。

小さい子供たちにお金儲けの事も教えられる社会になって欲しいと思います。