窓ガラスを取り換え温かい部屋にしました。



家を建ててから30年になりますが、冬はもう少し暖かく暮らしたいと思い、いろいろ検討して窓のガラスを断熱性能の良い2枚ガラスに変えることにしました。

2枚ガラスでもガラスとガラスの間にアルゴンガスが入っているものや、真空のものがあり、断熱性能と値段を比較して決めました。

居間のガラス面積が大きいサッシは、特に断熱性能を重視して、透明な真空ペアガラスを選びました。

台所と洗面所はサッシの面積が大きくありませんので、曇りガラスのアルゴンガスが入っているガラスを選びました。

ガラスを取り換えた後は、今までと温かさが違うことと結露がしないので、満足しています。

ガラスの重さが重くなりましたので、窓の開け閉めは重く感じます。

費用は居間のガラス工事が約20万円、台所と洗面所のガラス工事費が約10万円でした。

最近の新築の家では窓のガラスが3枚の物を使うところもあります。

古い家に同じような3枚ガラスの窓に取り換えようとしますと、窓枠毎取り換えるようになり、費用もかさみますので、ガラスだけ取り換える方法が現実的だと思います。

部屋の中で楽器を演奏する場合で外に音が聞こえにくくする為には、内側に同じような窓をつけますと、防音対策になります。

しかし窓の開け閉めに、2倍手間がかかりますので、そこは我慢しなければなりません。