作詞の後に作曲してみました。



今回は最初に作詞をしてからメロディーを書き、その後でコードをつけて作曲してみました。

英語の単語の発音記号をよく調べて、例えば「期待」という意味の「expectation」という言葉は4っつの音節に分かれていて、ex-pec-ta-tionと分けて歌詞を書き、4っつの音符で表現するようになります。

そしてエクスペクテイションと発音するのですが、テイの所にアクセントがあるように歌わないといけませんので、歌いやすいようなメロディと長さに音符で表さなければなりません。

出来上がった曲を歌ってみると、先に作詞をしてから曲をつけたほうが歌いやすいような気がしました。

これから何曲も作詞作曲を続けていけば、そのうちもっともっといい曲が出来上がるような気がして、胸を膨らませています。