年収が少ないですが家を買えますか?



ローンを組まれる場合、年収によって借りられる金額が決まってきます。共稼ぎの場合は二人分の年収で借りられる金額が増えます。      

家を買った後の生活がぎりぎりの生活になる可能性が非常に高くなりますので、1年間の支払い金額を年収の30%以下になるように計画して購入されたほうがいいと思います。          

また期間も35年以内にして後期高齢者になった後も、ローンを支払い続けないように計画したいものです。

例えば年収400万円の人が金利2%で35年間借りるとしますと、約3,500万円借り入れが可能です。

3,500万円借りますと毎月の支払いが11.6万円になります。11.6万円の毎月の支払いがきつい場合、毎月10万円ずつだったら払えそうなら、約3,000万円借りられますので、その価格帯の物件をご紹介することになります。

毎月8万円の支払いだったら払えそうな人は2,400万円借りられますので、そのような物件をご紹介致します。

中古の戸建てを購入する場合、リフォームが必要になる場合がありますので、リフォーム代を含めてその価格になるような物件を探せば念願のマイホームが手に入ることになります。

水回りのユニットバスや流し台、洗面化粧台、トイレをリフォームしますと約300万円かかります。

屋根や外壁を塗装しますと約200万円かかります。

毎月の返済額と返済期間と金利でローンのシミュレーションをして自分の収入に合った家を手に入れて頂きたいと思います。

ご希望を教えて頂ければ、お探しさせて頂きます。