ジャズボーカルの自分用の楽譜



今年はジャズボーカルセッションに参加する機会が増えてきました。

同じ曲でも自分で歌う曲のキーをFだったりGだったりにして歌うために、楽譜を2種類書いて楽器を演奏する人に演奏をお願いすることになります。

この楽譜を書く時間が結構かかります。売っている楽譜をただ自分の歌うキーに直すだけでも時間がかかります。それをキーを2種類書いたりすると2倍の時間がかかります。

その上、イントロはかっこよく歌に入れるようにこうしようとか、エンディングは歌が終わってから余韻を残すようにこのように演奏してもらいたいと考えながら楽譜を書きますと結構な時間がかかってしまいます。

だんだん欲が出て来て、歌の1番目と2番目の間に楽器だけで演奏するアドリブの時間を入れますが、その時にも同じメロディでなく、少し違った感じの間奏を入れたくなり、又楽譜に追加していきます。

この作業は楽しいのですが、時間がかかるので、仕事から帰ってからやろうと予定しても、疲れていると取り掛かれない日が続きます。やはり連休の時とか時間に余裕がないとできません。

そのうち楽譜を簡単に書けるソフトを探したら買いたいと考えていますが、しばらくは自筆の楽譜を書き続けるつもりです。

最初に書いた楽譜と比べてみますと、楽譜を書く力がついてきていることが自分でも分かるようになってきました。

何年か前に楽譜の書き方を教わりましたが、これからはジャズの仲間を増やすために、楽譜の書き方を知りたい人に教えていこうと考えています。

楽しいジャズの仲間を増やしていくのも私の使命かもしれません。