絶対にミスしないボレーの打ち方



絶対にボレーをミスしないラケットはないかと思い、ラケットの面の大きさやラケットの重さやガットの種類やガットの張り具合を変えたりしてたまたま選んだのが、ナダルの使っているラケットと同じでした。ラケットを買って使い始めてから、それは世界チャンピョンのナダルが使っているラケットと同じですねと言われてからは、会う人会う人にチャンピョンのナダルのラケットと同じものを使っていますと得意になってお知らせしています。

しかし同じラケットでも天候によってボールの弾み具合が違ったり、なんとなく重く感じる時もあり、ガットを何時張り替えたらよいか、グリップのテープを何時張り替えたらいいか、グリップの太さをもう少し太くした方がいいかとか、同じラケットを使ってもいつも同じ状態ではないことが分かるようになりました。

そこでボレーをミスしないうち方はないかと考え、ボレーの特別レッスンを受けていますが、ビデオでボレーの練習の映像を取ってもらい、他の人と比べたりすると、自分も他の人もラケットを安定した状態で振っていないことが分かるようになりました。

ボールが飛んでくる速さも、ボールの回転も違う状態で、ラケットを安定した状態でボールに当てることができれば、ボレーのミスが減ってくることが分かるようになってきました。

もともと子供のころから反射神経はよくないのですが、知識を増やし練習を繰り返していきますと、自分なりにボレーのミスが少なくなってきたような感じがします。

もちろん突然猛スピードのボールが飛んできたときは、足を動かして体を移動してボールと体の距離をいつものように取って打つ余裕はなくなりますが、相手のコートの人のいないところに返せればポイントを奪えるわけです。

ボールが飛んでくるところに素早く足を使って体を移動して、体とボールの距離をうまく取れれば、ラケットを安定した状態でボールに当てることができ、ボレーのミスはなくなります。

後は繰り返し繰り返し練習してなれることだと思います。